バックムーンブログを開始しました

こんにちは、デザイナーの山口です。

このたび、会社のニュースとブログページを公開しました。 会社の情報発信の場が必要だと思いつつ、制作が後回しになっていましたが、なんとかリリースできてよかったです。今後は、このブログでプレスリリースやお知らせ、スタッフによる技術情報などを配信できればと思っています。

Hugo + Netlify CMS

hugo-screenshot

今回、このブログはサイトジェネレータの「Hugo」と、 ホスティングサービスである「Netlify」 を使って構築しています。今まで、ブログのような動的なサイトの構築は、「Wordpress」を利用していたのですが、メンテナンスが大変だったので移行してみました。

Hugo とは?

Hugo は Google の GO 言語で作れた静的サイトジェネレータ。他のサイトジェネレータと比べて動作速度が非常に早いのが特徴です。サイトの環境構築はコマンドで一発。公式サイトに書かれている「Install in seconds, build in milliseconds.」も納得の挙動です。

Netlify とは?

高機能なホスティングサービス。Github と連携することにより、特定のリポジトリが更新された際、自動的に対象ファイルを公開してくれる優れもの。https 環境も用意されており、こちらもクリック一つでサイトの開設が可能です。 また、CMS も提供されており、特定のファイルを管理画面から更新し、自動的にビルドすることも可能です。今回は、この機能を利用しブラウザから記事を投稿できるようにしました。

Wordpress はメンテナンスが少し辛い

Wordpress は非常に高機能なブログツールです。多くのプラグインがあり、どんなシチュエーションにも対応できる汎用性があります。反面、シンプルにブログを使いたい場合、機能過剰と感じることがありました。

アップデート対応の大変さ

一番ネックだった部分は日々のメンテナンスです。定期的にアップデートのある Wordpress は、セキュリティの観点からも、バージョンアップは優先度を高くし対応しなければなりません。しかしながら、使用中のプラグインやテーマとの互換性を確認しなければならなく、気軽に行えないジレンマがあります。

データベースの扱いにくさ

開発面では、データベースを使用するため扱いにく時がありました。他のメンバーでの開発環境を共有し最新の記事をみれる状態にしたり、ローカルと本番環境の違いを埋めたりと、少しだけ手間がかかるのも気になります。あとデータベースのバックアップを忘れたり。

Hugo は開発者に優しい子

さて、Hugo で作ったらどうなったかいうと、

開発環境

開発環境の構築はコマンド一つ。開発環境と最新記事の共有はリポジトリからクローンしてもらうだけ、というのはやはり手軽でいいですね。テーマの作成も、Markdown や Html を柔軟に使い分ることができ、sass コンパイラもセットになってるので扱いやすいです。

保守・セキュリティ

公開するのは静的ファイルなので、絶対的な信頼感があります。 また、全ての作業は Git に記録されているため、記事のバックアップとしても優秀です。過去のコミットへチェックアウトすれば、いつでも以前の状態に戻せるのも精神的に楽です。

更新

Netlify CMS で更新ができるとはいえ、UI はよくあるフォームに毛を生やした感じ。(もちろん自由に改善はできますが。)特に画像の扱いやすさ、カテゴリーやタグの設定などは Wordpress が洗練されています。下書きの確認や、記事の公開・非公開といった作業も少しくせがあります。

まずは様子をみつつ運用してみます

色々書きましたが、Wordpress がダメというわけでなく、使いどころ次第ですね。権限管理や排他制御がしっかりしているので、多くの人が更新するようなブログは Wordpress が良さそうです。また、画像の編集・リサイズ、ギャラリーなども充実してますので、画像を多用するようなケースも、Wordpress の方が使いやすい気もします。 Hugo に関しては、まだまだ使用を開始したばかりなので、記事が多くなった時にまた違った側面が見えてくるかもしれません。何か気づいたことがあれば、つど発信していこうと思います。